セントレアからの発着便数が多い長距離路線

今回はセントレア発の沖縄路線について考えてみようと思います。

名古屋(NGO)-沖縄(OKA)路線の魅力は、最初に書いた通り

発着便数が多い長距離路線

ということではないでしょうか。

距離的には、前回記事を書いた名古屋-石垣路線が最長です。

セントレア発の国内線で最長路線セントレアからのSFC修行で、まず外すことができない路線が名古屋(NGO)-石垣(ISG)路線ですよね。これに関しては、以前書いた記事でも少...

しかし名古屋(NGO)-石垣(ISG)路線のマイナスポイントは

1日に1往復しか運航されていない

ということでした。

対する名古屋-沖縄路線は1日に最低3往復は運航しています。
時期によって(特に年末・年始など)は、4~5便運航していることもあるんです。

これがSFC修行をするうえで、非常に自由度を上げてくれる点となります。

沖縄往復で獲得できるPPは?

それではSFCを取得するうえで最も重要なプレミアムポイント(PP)について検証していきましょう。

まずはそのベースとなる区間基本マイレージですが

名古屋-沖縄間で809マイル

となっています。

名古屋-石垣が1,044マイルでしたので、それと比較すると80%ぐらいといったところでしょうか。

それをもとにした肝心のPPはどうなっているかと言いますと

プレミアム旅割28で2,422ポイント、旅割21-75・特割で1,213ポイント

です。

こんな感じですね。

ですから、プレミアム旅割で名古屋-沖縄を往復すると

4,844ポイントのプレミアムポイントを得られる

ことになります。

名古屋-石垣と比べると1,000ポイント以上少ない値となっていますが、それでもそこそこ稼ぐことができますね。

SFC取得に必要な50,000PPを稼ぐには、単純計算では名古屋-沖縄を11往復すればよいということになります。
でもそればかりでは、さすがに途中で飽きてしまいそうですね(笑)



名古屋-沖縄路線のPP単価は?

効率よくSFC修行をするうえで大切なPP単価ですが、こちらはどうでしょう。

まず運賃ですが、搭乗する時期によって多少値段が変わってきます。
1-2月は少し値段が安くなっていて、3月以後は少し上昇します。
名古屋-石垣路線は、土日が平日と比べて少し値段が高かったのですが、名古屋-沖縄路線は平日と土日の運賃は同一になっています。

具体的に見ていきますと、1-2月に関してはプレミアム旅割28の運賃は片道で

26,260円

となっています。

ですから、PP単価を計算してみますと

26,260円/2422PP=10.84

となります。

3月以後は27,410円と1,000円以上値段が上昇するので、PP単価は悪化してしまいます。

名古屋-石垣路線と比べると、さすがに少々見劣りはしますが、それでも比較的PP単価が良好な路線であることに間違いはありません。

名古屋-沖縄路線を利用して、一日にできるだけ多くのPPを稼ぐには

とりあえずセントレア発で沖縄往復を日帰り旅行すれば、簡単に5,000PP近くを稼ぐことは可能なことは分かりました。
朝出発して、那覇でのんびり暮らして、夕方に名古屋に帰ってこればよいわけですからね。
なかなか良い1日の過ごし方ではないでしょうか。

しかしできるだけ早く50,000PPを貯めたいという場合には、さらにフライトを追加することも可能です。

沖縄から全国各地にフライトすることもできるのですが、今回は名古屋-沖縄間に限って検証してみましょう。

単純に名古屋-沖縄を1日で2往復することは、時刻表で確認する限りは実行可能です。

しかしそこには大きな問題があって

運航している3便のうち、1便はソラシドエアのコードシェア便である

ということなんです。

コードシェア便とはいえ、基本的にはソラシドエアの便にANA経由で予約を取れば、PPを獲得することはできます。
では何が問題かと言いますと

ソラシドエアが運航する機材にはプレミアムクラスがない

ということなんですねぇ。

つまりエコノミーしか座席がないため、プレミアム旅割28でチケットを取得できないのです。
これは一日でたくさんPPを稼ごうとする場合には、ちょっと痛いですよね。

ですから、名古屋-那覇の往復で修行をしようと思うと

朝と夕はプレミアムクラス、昼の往復はエコノミー

といった形になってしまいます。

まぁそれでも、一日にして7,270PPを稼ぐことはできますからね。
名古屋-石垣の往復よりもたくさんのPPをゲットできます。

具体的なプランはこうなります。

名古屋-沖縄の往復SFC修行

① 名古屋 08:40  沖縄  11:10
② 沖縄  12:10  名古屋 14:10
③ 名古屋 14:50  沖縄  17:20
④ 沖縄  18:00  名古屋 19:55

時間的には、乗り継ぎで最低40分程度は取れるので、めちゃめちゃタイトということはないですよね。
ただ②、③が先ほど書いていたソラシドエアの共同運航便になるため、エコノミー利用となります。

意外と侮れない名古屋-沖縄2往復

エコノミー利用となってしまうソラシドエア運航便なんですが、PP単価で考えると、実は良い点があるのです。

それは

ANAの運航便よりも断然運賃が安い

ということなんです。

旅割75の運賃は、2月中だとANA便が12,910円に対してソラシドエア便(SNA)は7,610円と6割程の値段になっています。
それでいて、もらえるマイルおよびPPは一緒ですからね。

先ほどの名古屋-沖縄の一日2往復修行のPP単価をまとめてみますと

1 運賃 26,260円×2(P旅割28の往復)+7,610円×2(SNAの旅割75往復) = 67,740円
2 プレミアムポイント 4,844(プレミアムクラス往復分)+2,426(エコノミー往復分)= 7,270PP

PP単価は 67,740/7270 = 9.32

と、意外と効率のよいPP単価になるのでした。

こうなると名古屋-沖縄の往復もそれほど馬鹿にはできないでしょ?

とはいえ、ちょっとあわただしい行程となってはしまいますので、まさに修行という感じになることは否めません。

このあたりは人それぞれの考え方でしょうねぇ。

のんびり沖縄で1日過ごしたいということならば、プレミアムクラスの往復のみでも十分でしょう。
しかし効率重視で手早くPPを稼ぎたいということなら、名古屋-沖縄の2往復という手を選択肢に入れてもよいかもしれません。

今回は名古屋-沖縄路線のみに絞ってお話しましたが、そこからの応用編もあるので、その辺りは次回にでもお話していきます。