今回も名古屋-沖縄路線を利用します

セントレア発のSFC修行において効率が良い路線は?ということで、今回は第4弾となります。

今回もやはり沖縄路線を利用することになります。
SFC修行をするうえでは、沖縄路線はどうしても外すことはできないんですよね。

なんと言いましても、沖縄は

①運航している本数、就航先が多い

②PP単価が高い

ということから、どうしても沖縄中心になってしまうんですよねぇ。

まぁ沖縄は観光地としてもすごく魅力的な地ですから、訪れることに関しては全くもってイヤということはありませんけどね。

沖縄からどこに行くか

前回は沖縄まで飛んだ後、羽田往復をするというプランを提案しました。

名古屋-沖縄路線を利用しておすすめ路線の第2回では、名古屋-沖縄(NGO-OKA)路線についてお話しました。プレミアム旅割28で名古屋-沖縄を往復するだけで4,844PPもらえる...

これもプレミアムポイントを一気に稼ぐという意味においては、なかなかの破壊力を持ったプランです。
ただ乗り継ぎの時間についてはあまり余裕がないこと、同じところを往復することなど、まさに修行といった感じになってしまうことは否めません。

今回紹介する方法は、同じところには行かないルートとなります。

いわゆる

三角飛び

というものです。

沖縄から別の地にフライトし、その後名古屋に戻ってくるというものになります。

三角飛びで最もPPを稼げるプランはと言いますと、すでに想像がついている方も多いかと思いますが

名古屋-沖縄-札幌

というルートになります。

名古屋-沖縄-札幌の実際

では具体的に見ていきましょう。

沖縄-札幌間は最低1日1往復運航しているのですが、残念なことに往路と復路を同日で搭乗することはできないダイヤとなっています。
実際の運航スケジュールで見てみますと

このとおりで、2月9日~3月24日までは一日2往復あるのですが、それでも時間的に同日の往復はできないんですよねぇ。
これができるとかなり大きいのですが、残念ながらそのような利用方法は不可能なんです。
そんなことから、どうしても三角飛びになってしまうわけですね。

 

実際のタイムスケジュールは

NGO-OKA-CTS-NGOのフライトスケジュール
       出発時刻       到着時刻
① 名古屋  08:40   沖縄   11:10
② 沖縄   11:45   札幌   14:55
③ 札幌   18:55   名古屋  20:50
(2018年3月24日までの予定のため、それ以後は各自ご確認ください)

このようになっております。

沖縄での乗り換えが少しタイトではありますが、札幌では結構空き時間がありますよね。
さらに札幌発の最終は19:55というのもあるので、最長で5時間ぐらい千歳で過ごせることになります。

羽田往復を組み入れた前回のルートと比べると、こちらのほうが時間的にだいぶ余裕があるかと思います。
またフライト回数としては2回なので、そういう意味でも楽かもしれませんね。

沖縄-札幌間は国内線の中で最も長い路線なのですが、時間にすれば3時間ぐらいですから、それほど辛くはないかと思われます。

ちなみにこのルート、セントレア発なら逆回りでも日帰りで達成可能です。

NGO-CTS-OKA-NGOのフライトスケジュール
       出発時刻       到着時刻
① 名古屋  08:10   札幌   09:55
② 札幌   10:35   沖縄   14:35
③ 沖縄   18:20   名古屋  20:15
(2018年3月24日までの予定のため、それ以後は各自ご確認ください)

こちらのほうが出発時間は少し早くなりますが、帰宅時間も少し早くなっています。
札幌での乗り換えの時間が40分ぐらいあるため、少し余裕がありますね。
また沖縄に滞在できる時間としては4時間弱あるのもよいですね。

このルートも、比較的時間に追われずに実行できる修行路線と言えるでしょう。


名古屋-沖縄-千歳の三角飛びのPPは?

やはり気になるのは、このルートで肝心のプレミアムポイント(PP)がどれだけ稼げるかですよね。

では順番に見ていきましょう。
今回もプレミアムクラスで得られるPPで計算させてもらいます。

まず名古屋-沖縄間ですが

 

これまで何度も出していますが、片道で2,422PPですね。

続いて沖縄-札幌間です。

こちらはやはり最長区間だけあって、稼げるPPも大きいですね。
1搭乗で3,892PPももらえてしまいます。

最後に札幌-名古屋間です。

 

こちらもそこそこはあるのですが、沖縄などと比べてしまうとちょっと見劣りしちゃいますね。
それでもこちらも片道で1,935PP稼ぐことができます。

というわけで、トータルでは

2,422PP + 3,892PP + 1,935PP = 8,249PP

と1日でまずまずのプレミアムポイントを稼ぐことができますね。

沖縄から羽田往復を絡めたルートでは、1日で10,000PP越えでしたから、それと比べてしまうとさすがにちょっと少なめといったところでしょうか。
それでも旅行中に時間的な余裕があることなどを考えると、悪くはないルートだと思いますけどねぇ。

このルートのPP単価は?

そして重要なPP単価を計算していきましょう。

2月の運賃かつプレミアム旅割28の値段で計算してみます。
それぞれの運賃は

 名古屋-沖縄 26,260円

 沖縄-札幌  38,850円

 札幌-名古屋 26,910円 (最終便だと23,210円)

となっています。

合計すると92,020円となりますので

PP単価 = 92,020円 / 8,249PP = 11.15

となります。

これならまずまずといったところでしょうか。
もちろん札幌発を最終便にしたり、平日の安い日を選択すれば、もう少しPP単価を下げることはできるかもしれません。
それでも10を切るところまでは厳しいかもしれませんね。

このルートの問題点は?

最後にこのルートの最大の問題点を伝えておきます。

それは

冬場は天候の影響を受けやすい

ということなんです。

沖縄に関しては全くと言っていいほど問題はないでしょうが、やはり札幌は問題が起きる可能性があるわけです。
時間が遅れてしまったり、最悪の場合には雪で欠航になるという可能性もありますからね。

そういった不確定要素があるので、その辺りのリスクを覚悟の上での修行となってしまいます。

もちろん春以後ならば天候も安定するので、運航上のリスクはあまり気にしなくてもよくなるでしょう。
ただ沖縄への運賃が上昇することもあって、PP単価が少し悪化してしまうという問題はあるかもしれません。

とはいえ、一日にして南は沖縄、北は北海道までを一気に移動することになるので、その征圧感? 達成感? はすごくありますよねぇ(^^)
また移動距離が長い割には、飛行機の乗り換え自体は2回だけで済みますので、気分的には比較的気楽な修行ルートなんではないかなぁと思います。

春以後でSFC修行をする際には、自分もこのルートについても検討してみようかなと思っています。