成田へGo!!

実に1時間ほどのクアラルンプール超短期滞在でしたが、このまま成田へ向かいます。

ここまでの経過につきましては以下をご覧くださいませ。

今回はハイパーエクストリームでクアラルンプールへ前回は週末日帰り入国なしの超弾丸ツアーとなるハイパーエクストリームSINタッチについて、実際に決行してきた様子を...

那覇へ到着無事名古屋から那覇へ到着です!!ここまでの経過は前回のお話をご覧ください。しかしここから1時間後には羽田へ向けて出発です。いつもだと、ここでいったん外...

いよいよ出国へ朝から名古屋を飛び立ち、那覇-羽田を1.5往復して、やっとたどり着いた羽田空港国際線ターミナル。今までは成田発ばかりだったので、羽田発の国際線は今...

というわけで、機内に乗り込みます。

帰りの便は成田行きの便なので、行きとは違ってボーイング787-8でした。
そのため帰りもビジネスクラスだったのですが、

スタッガードではなくクレードルシートでした。
一度スタッガードを味わってしまうと、ちょっとこちらだと残念に感じてしまいます。
人間贅沢を味わってしまうと、どんどん堕落していきますね(^^;

外を眺めると

もうすでに明るくなってきているとともに、キャセイドラゴン航空の機体が見えました。
なかなか強そうな名前ですよね。

そして朝日をバックにして離陸です。

 

マレーシアともお別れです。

機内では

シャンパンとおつまみをいただきました。
そして時間的にも朝なので

朝食タイムですね。
この日も洋食をチョイスしましたが、オムレツがメインでした。
朝はどんとワンプレートで出てくる感じですね。

寝ぼけ眼に朝食を食べていると

ムムっ、モニターに異変が。
突然リセットされてしまったのでした。
特に悪いことしていないはずなんですけど…。
こんなことあるんですねぇ。

珍しかったので何枚か写真を撮っちゃいました(^^)

 

機内モニターってlinuxで動いてたんだぁ

とか

Panasonicがソフトを作っていたんだぁ

とか

もう10年前のものなんだねぇ

とか、いろいろ発見があったのでした。

まぁコンピューターも10年も動いていれば、時々は機嫌も悪くなりますよね。
でも再起動してからは、成田に到着するまで不具合なくエンターテインメントを提供してくれたのでした。

無事成田に到着!! からの

ちょっとウトウトして過ごしていたら、あっという間に成田に到着です。

この日は制限区域内はそれほど混雑していませんでした。
サクラのシーズンが終わったからでしょうかね?

これを見ると日本に帰ってきたと安心しますよね。

そしてこの後は入国審査です。
入国審査については、今回もマレーシアに入国していなかったにもかかわらずあっさりパスできたのでした。
日頃の行いが良いからでしょうかね(笑)

そして問題の税関ですが、また短期の往復なので何か言われるかと思いきや、こちらもあっさり通過できちゃったのでした。
ちょっと拍子抜けしちゃいました(^^;
やはり係の人によって大分対応が違うんでしょうかねぇ。

実はここまでですでに100,000PPを越えていたのですが、以前急遽敢行したCTSタッチの前に発券していたので、この後福岡経由で帰ることになっていたのでした。
そんなことからANAアライバルラウンジに向かいます。

この日のANAアライバルラウンジは激混みで、写真を撮るのもはばかられるほどの状態でした。
他に行くところがないし、ちょうどこのあと国内へ出発する便がたくさん飛ぶ時間になるので、皆さんここに集中するんですかねぇ。
しばらく空席が空くまで待った後に着席です。

完全な炭水化物祭りですね。
しばらくゆっくり休んで福岡行きの便を待ちます。

福岡へタッチですが

福岡と言えば、以前のSINタッチの際にトラブった因縁のフライトだったりします。

いよいよ帰国ですシンガポールにはたった6時間ほどの滞在でしたが、いよいよ日本に戻ります。前回の記事で触れていたように、今回は入国しないSINタッチでしたので、あ...

今回も遅延などにビクビクしていましたが、問題なく出発できそうな雰囲気でした。

いつも通り沖止めではありましたが、バスに乗り込みます。
バスで移動中に大きな機体が。

思いっきり逆光になっていますが、これエミレーツのA380ですねぇ。
いやぁ、大きいしかっこいい!
これにぜひ乗りたいところですが、現実には

安定のイルカジェットでございます(^^)
これはこれでかわいいからいいんですけどね。
こちらに乗って福岡に向かいます。

そしていざ出発となったのですが、空港が混雑していた影響なのか、離陸までに少々時間がかかってしまったのでした。
福岡の乗り継ぎ時間は35分準備していたので、まぁこれぐらいは余裕でしょと思っていたのですが、そうでもなかったんですねぇ。

というのも

福岡空港もこの機材は沖止め

なんですよね。
そしてバスでターミナルに移動しないといけないという。

その上バスで到着するのは南の端っこの方で、出発は北の搭乗口なんでかなり移動しないといけなくなるんです。

こんな感じで。
前回もダッシュでゼーゼーしながら移動したのですが、今回はさらに時間が押し迫っていることもあってちょっとピンチ。

すると到着時に

このあと名古屋へお乗り継ぎの方は地上係員にお声かけ下さい

とのアナウンスが。

まさに私のことですね、はい(^^;

到着後にその旨を伝えると、こちらにお乗りくださいと小さめのバスに誘導されたのでした。
そして当然このあと名古屋に向かう人などいるはずもなく、自分一人だけポツンと乗車して出発したのでした。

なんだか申し訳ない気分ですよね。
この段階で出発まであと15分。

そしてこのバスは、なんとターミナルをずっと北まで進んでくれて、搭乗口付近で降ろして下さったのでした。
ターミナル内をダッシュすることを覚悟していたので、本当に助かりました。
ありがとうございます。

 

バス到着後は、グランドスタッフさんが秘密の扉を開けてくれて

さらに秘密のエレベータを介して搭乗口付近まで一気にワープさせてくれたのでした。
いやぁ、本当に助かりました。

この時点でまだ搭乗手続き中だったので、余裕をもって機内に乗り込むことができたのでした。

最後はこちらで帰ります。

しかし成田からの福岡タッチは鬼門ですね。
35分の乗り継ぎ時間があるとはいえ、空港改修が完了して沖止めでなくなるまではちょっと控えたほうが良いかもという気がします。

最終目的地名古屋へ

そしてこの旅も最後のフライトでいよいよ名古屋へ向かいます。

 

〆はプレミアムクラスの1Aということで。

一瞬しかいなかった福岡にも別れを告げて名古屋へ飛び立ちます。

機内では

最後の食事となるプレミアム御膳を食べつつ、スパークリングワインで乾杯です♪
そしてアッという間に名古屋に到着したのでした。

矢場とん人形に出迎えられ

 

今回の旅も無事に終えることができたのでした。

いつもながらですが、長いようであっという間の2日間でした。

そして今回は

どこにも2時間以上滞在することなく、一気に8レグをこなす

という、普通の人からしたら理解できないであろう旅程でした。

いろいろありましたが、これはこれで結構楽しかったです。

肝心の獲得PPはと言いますと

2日間で23,141PP

となりました。

2日間でこれはなかなかの破壊力でしょ?
頑張った甲斐があるというものです。
なかなか週末以外に休みが取れないという方は、試してみるのもありかと思います(^^)

そして念願の

この旅が終了して翌々日には

とうとう念願のダイヤモンドに到達したのでした。
FUKタッチの分だけ、ちょっと余分にPPを稼いでしまいましたけどね。
それでも十分でございます。

このあとはステータスを生かして、さらに旅を楽しんでいきたいと思います。

来年以後どうするかは、まだ考え中ですかねぇ?
今回は半分勢いで取ってしまいましたからね。

しかし

セントレアからでも、国際線を絡めると意外といける!!

というのが分かったので、今後はそちらを有効利用しつつ、ダイヤモンドを防衛するか検討していこうと思います。

またおすすめ修行路線など発掘したら報告していきますので、お楽しみにしてくださいませ♪
長々とお付き合いくださり、本当にありがとうございました!!